悩む女性

取り巻く環境

ストレスは様々な症状を引き起こす

頭を抱える男性

ストレスを抱えてしまうことで発症する症状は多く、ストレスは病気を引き起こす原因にもなります。人によってストレスから引き起こる症状も違いますが、多いのが頭痛や肩こり、倦怠感などの症状です。ストレスを抱えたまま生活を続けることによって、うつ病などの病気を発症してしまいます。現在の日本ではストレスを溜め込みやすい環境で生活している人が多く、うつ病患者もかなり多いと言われています。日々のストレスが原因で発症する病気の他にも、一時的に大きなストレスを体験した人やショック体験をした人が発症するのにptsdがあります。これは海外でも発症する人が多く、震災被害や犯罪が多発している現代では誰でも身近に起こりうる症状といえます。

精神障害の症状

うつ病やptsdなどの症状として代表的なのが不眠や食欲不振、集中力低下、思考停止などの状態があります。他にも苛々が続く場合や過食なども挙げられます。基本的にストレスが原因となって発症する病気の場合は神経系や免疫が異常になることによって身体に症状が現れます。強いストレスを感じた時や、ストレスが原因で生活に支障をきたした場合は、ストレス相談をしてみるのも1つの方法です。最近では、精神科や心療内科のクリニックホームページから簡単にストレス相談予約ができるので、ptsdの症状が深刻化する前に相談フォームから問い合わせてみるのが良いでしょう。ストレス相談は、専門のカウンセラーが対応してくれるので安心です。