悩む女性

情緒不安定になる

社会はストレスを抱えやすい

悩んでいる女性

社会に出ると、これまでの学生生活とは暮らしが全く変わっていく為、ストレスを抱えるシーンが多くなります。仕事で失敗して上司に叱責されることやビジネスシーンでの人付き合いや気を遣う接待などをする機会が増えるうえ、外部とのコミュニケーションが苦手な人ほどストレスを感じやすいと言われています。ストレスを抱えると病気にかかりやすくなるので、できるだけ自分でストレス解消方法を見つけ出しておくことが大切です。ストレスの中でも仕事や人間関係が原因となるもの以外に、ショッキングな出来事がきっかけとなって毎日にストレスを抱えてしまうのがptsdで、改善していく為にも精神科や心療内科の治療以外に周囲のサポートが必要となります。

責めないようにする

他人や周囲の人から受けたショック体験によってptsdは発症し、最も多いのが虐待によるptsdです。虐待の場合は暴力を利用して相手の気持ちをコントロールしようとしますが、この時、虐待を受けた人は威圧する人に対して恐怖を覚えてしまいます。この出来事がキッカケとなって、虐待がなくなった時でも、友人や知人との会話の中で少しでも威圧を感じる瞬間があればptsdの症状が出てしまう可能性があります。周囲にptsdの患者がいる場合は、不必要に叱責や威圧をしないようにすることが大切です。もしptsdに当てはまる症状を患っている人が周囲にいる場合は、精神科や心療内科に対応方法を相談しに行くのも1つの方法です。周囲がサポートしてあげることによってptsd患者も症状を克服することができます。